人生を表現する活動日誌

MENU

ゆっくりと急ぐ人生を歩む

ども、てつおです。

 

先月ZERO.の公演を終え、先日秋田のイベントでのパフォーマンスが終わり、なんやかんやあったが、とりあえず落ち着いた〜。

f:id:yamamon0715:20190922203433j:plain

f:id:yamamon0715:20190922203459j:plain

▲一番前が僕

と思いきや、次は1月にイベントがあるし3月頃にはZERO.の新作や、なんならアパレルブランド作ろうとしていて、少しずつだが前に進んでいる。

 

人生、焦りたくはない。

未来を見すぎて目の前を大切にできなくなってしまっては、僕は大事なものを失ってしまうような気がするからだ。

 

ゆっくりと急ぐ人生を歩む

僕はとても不器用な人間だから、一個を見すぎてしまうと周りが見えなくなってしまう。だからよく物事を忘れてしまいがちで、迷惑をかけていることが多々ある。

 

気持ちが先行しすぎて、気づいたら勝手に一人で焦っていて、疲れてしまう。

疲れるから目の前のことをほったらかしにしたり、まあいいやとか言って放ってしまうことがあったから気をつけなければいけない。

 

僕に足りないのは腰を据えることなんだと思っている。

ただがむしゃらに動くのではなく、何が必要でどういう風に動けばいいのかを考え、あまり遠回りにならないように行動することを心がけるべきなんだろう。

時には立ち止まって、現状をメタ的に見ることが必要だ。

 

その時間はもしかしたゆっくりと進んでいるかのように感じるかもしれないが、ダッシュする時と止まる時のバランスを考えながら生きたほうが良いのだろう。

 

だからゆっくりと急ぐ人生を設計していけたらなと考えながら、最近生きとります。

 

守りたいと思うものがあったほうが僕は強くあろうと思える

人間には守るものが何もないほうが人は強い、という人もいれば守りたいものがあるから人は強い、という人がいると思う。

 

最近、僕は後者なんじゃないだろうか、と考えている。

 

自分一人だと僕は放浪者っぽくなってしまい(それが良いか悪いか別として)、ふわっとした感覚がいまいち抜けていなかったような感じがある。

 

だが、自分が守りたいと思える人がいて、その人のために僕自身がもっとしっかりしなきゃいけないと考えるように最近なり、良い意味でのプレッシャーが与えられていると思うのだ。

 

ありがたい〜〜〜!!

 

僕自身の人生では、ここ3年が大きな年になると思っている。

来年は大阪と松山でZERO.の公演を行い、アパレルブランドも作り、2年後には劇場を作って海外に自分の作品も持っていく。

って宣言したほうがいいね。

 

言ったからには頑張ろうってなるから。

 

ゆっくり急ぐ

 

では!

 

f:id:yamamon0715:20200505204848j:plain